プロの仕事・・・2 写真集

Sdscf3746

Sdscf3747

Sdscf3745


Sdscf3751




プロの仕事・・・

Sdscf3743

姉が蘭の栽培農家です。

すべてにおいて
僕がやっている「なんちゃって」とはえらい違いです。

日本語表示

使っているPCMレコーダーのファームウェアがverUPされて
本体ディスプレイで日本語表示ができるようになった。

日本語のおかげで、録音レベルの変更などが使いやすくなった模様

これ、ちゃんと使えば多重録音とかもできるんだよな~

頑張って使い倒してみるか・・・

Simg_20171125_070931

・・・再開

四ケ月。
このブログを書き始めてから
これだけ間が空いてしまったのは初めてでしょうか。

ご無沙汰いたしておりました。

皆様お元気でいらっしゃいましたか。

私は・・・そこそこ元気です。

再開時期を報告させていただいてはおりましたが、
こんなに放置したにもかかわらず
また訪れていただきまして、本当に感謝です。

偶然、初めていらしていただいた皆様、
そんなわけでこのブログ、4か月ほどお休みをいただいておりました。
超久しぶりの更新となっております。
ご了承ください。

Simg_20171109_072104_2

このブログは南米アンデス地方の、「フォルクローレ」という音楽にほれ込み、
下手なりに楽器を習得、のんびり暮らすアマチュア愛好家の
戯言ブログです。
ライフスタイルは、「田舎暮らし」・・・? 憧れつつも、生活場所(神奈川)
生業(なりわいは、農業でも、1次産業でもない)も中途半端な、ま、ありがちな
何に関しても「なんちゃって・・・」感の漂うサイトとなっております。

「粋」がっている様子を「なまあたたかく」見守っていただければ幸いです。

この4か月は激動の日々でした。

特に後半2か月は看護、見送り、介護(それぞれ別の人)と
この歳にはありがち?(でも普通こんなには続かない)な月日を過ごし、
ようやく新たな形で落ち着きを取り戻仕掛けているか?という感じです


今後もこっそりと、いや、これまで以上にひっそりと
この(web)世界の片隅で、
「見たい」と思い、わざわざ「クリック」していただかなければ見ることのできない
旧態依然なブログという環境で、
(つまらないと思えば、「近寄らない権利」があるという環境が僕は好き)で、

ご覧いただいた方には多大なる感謝をしつつ、
以前にもまして肩の力を抜いてお付き合いいただけたらと思います。

なにはともあれ・・・再開(会)です。

今後ともよろしくお願い致します。

しばらくお休みさせていただいております。

夏の記事を書こうと思い日が経ち

終わってしまった夏のまとめ記事を書こうと思い日が経ち

書けずにいるまま、秋は深まっていきます。
月日は矢のごとくです。

そんなに多くはないこのブログを楽しみにしてくださっている
皆様には申し訳ない限りです。

せっかく見に来てくれていただいて、

「なーんも かわっっとらん・・・」と

なってしまうのも申し訳なく思い、

しばらくのお休みを報告させていただこうかと思います。



11月半ばの再開を予定しております。

それでは皆様お元気でお過ごしください

     しばし。

Sdscf0352

相手チームのスタジアムでサッカーを観戦した。

1週間遅れで更新している感のある今日この頃

これは先週日曜日のお話。


いつもの湘南BMWスタジアム(平塚競技場)ではなく
相手チームのスタジアムでの観戦。
この相手チームのホームスタジアムで観戦することを
サッカー観戦業界(なんだそりゃ)ではアウェイ観戦といいます

アウェイ観戦、もしかして、いや、もしかしなくても
10年以上ぶりの遠征です。

2017年 J2リーグ第20節
   横浜FC VS 湘南ベルマーレ
   ニッパツ三ツ沢球技場

ま、遠征とはいってもお隣、横浜のチームですが・汗。


今年、梅雨時の行事は天気予報にビビらされつつ、
どうにか漏れなくクリア中。

しかし予報を見る限り、今回ばかりはどう考えても無理。
雨中の、しかも相当な豪雨の中での観戦を覚悟したのですが。

ふたを開けてみれば

S20170625_190256

ご覧の通りの美しい夕焼けゲームとなりました。

湘南のチームも
キャプテンが負傷にて長期離脱
副キャプテン?もどうやら怪我らしい、

相当な逆風を覚悟したのですが
気が付けば得失点差2位の自動昇格圏内をキープ

3試合連続、1-0。点取れない病の中、かろうじての勝利
この日に及んでは、あまりに点が取れないものだから
相手に取ってもらって(オウンゴール)での1-0。

圧倒的点取り屋のいるチームを零封。(サッカーではクリーンシートというらしい)
昇格圏内チーム同士の直接対決だけに
とても大きな勝利です。

平塚で湘南が負けたとき、アウェイの人たちは
こんな気持ちで帰るのか・・・なんて貴重な?経験をさせていただきながら
謙虚に、ひたすら謙虚に帰路に就いたのでした。

もちろん勝ち点3をいただいたから・・・なのですが・笑。

長いシーズンもそろそろ半分。

チームは梅雨明けの正念場を迎えます。

少々お待ちくださいm(__)m

三島のLIVEに関する記事は少々お待ちください・・・・

Srimg0062
おい、大丈夫か? ねこにも心配されている気分・・・。
      あ、もちろん大丈夫です。

週が明けたら びっくりするぐらい忙しいんですよ。

びっくりするぐらい・・・・じゃなくって、ホントびっくりした・汗

かろうじて睡眠時間を確保するために、朝野良もぶっちぎり・・・

多分今週いっぱいで落ち着くはずなので・・・・

   楽しかった三島の話は、もう少々お待ちください・笑




夢中人物語

このゴールデンウイークを前後して
色々な方と出会った。

師匠に弟子入り?しているアマチュア落語家の方
社会人弓道家?そして山と水辺の旅人。 

それぞれとても面白い方で
お話を伺っているだけでも楽しいひと時。

物事に真剣に向き合っている人の話は本当に面白い。
何はさておいて・・・と、取り組んでいる姿は
とてもかっこ良く見える。

そんな人達のことを僕は勝手に「夢中人」と呼ばせてもらっている。

そうでない人には、なかなか理解できない日常の暮らしぶり。
まるで宇宙人のような、それでいて夢の中を歩いている人のような。

そんな方々の話を聞いて、ひしひし感じるのは、

「好きだから、やってます」という感覚。

Sdscf1572
合宿。申し訳程度の高原観光で訪れた八ヶ岳山麓。
このエリアには何らかの夢中人がたくさんいらっしゃいます。

何かに踏み出せない時、人は言い訳を考える。
「忙しいから」とか「技量的にできない(才がない)から」とか。
でも夢中人の方々からはいっさいそういう雰囲気を感じない。

忙しくってなかなか時間が取れない。そんな時もあるでしょう。
今を生きる人に、「暇だから何かやろうか」
と物事を始められる環境の方が稀有な話。

忙しい時だからこそ、
ちょっとでも時間が出来れば、何をさておいてもそれをやる。
5分でも10分でも……。例え出来なくてもそのことばかり考えている。
そんな雰囲気を感じる。
何故って?それが一番やりたいことだから。
それが一番楽しいことだから。

「忙しい」はそれをやらない理由にはならない。




それと「できないから」も理由ではない。

「才がないから」とか「ものにならないから」なんていうのも
彼らの前では変な話に思えてくる。

もともと自分の才をひけらかすためにやるわけでも、
何かを「もの」にするためにやるわけでもない。
好きだから、好きなことをやってるだけ。

実際には、そんな人達はとても上手な方が多いのだが
そりゃ、そんな姿勢でやっていれば上手にもなるわ、と
納得させられてしまったりもする。

結局大切なのは、
「やりたいか、やりたくないか」という感覚なんだ。


No *****,No LIFE、ノー*****、ノーライフ
(*****の無い人生なんて、人生じゃない!)

な、人が語る*****な話。

面白くないわけないですよね~。


それはまさに「未知との遭遇」
沢山の夢中人の方とお会いしたいものです。

DAZN観戦 PIZZA・BEER&FOOTBALL

GW初日は朝から仲間と野良仕事。

午後からは自宅でサッカー観戦。
宅呑みスポーツBAR。

七輪起こして、ぷちBBQでもしようかと思っていたのですが
今日は時間いっぱいまで畑っちゃったんで、

宅配ピザにBEER・・・に変更。
しかもお持ち帰りならピザ半額。

サッカー、湘南は快勝!!
pizzabeerは最高!

程よく疲れた体にbeerがしみわたります・笑。

S20170429_143847_1

笑顔が大切 落語会。

いや、まぁ、忙しい。
3月の後半から、公私ともに多忙を極めております。

ブログの更新が滞る時なんてぇーのは、ま、そんなもんでありまして。

うまく満足のいく日常が送れない今日この頃。


しかし、

そんな時こそ

笑顔が大切。


というわけではないのだけれど

立て続けに2本、落語会です。

笑わせていただきました

Srimg0011
三三師匠の出身地である小田原は城山地区の古く小さな公民館。とんでもない売れっ子になってしまったが、どんなにメジャーになってもこの会は続けてほしいなぁ・・・

4月前半は平塚のBARで開かれた平塚で活躍されている
楽志亭壱生さんを招いてのウッドショップ寄席。
後半は、年に一度のお楽しみ「柳家三三 小田原落語会 谷津公民館」であります。

前半は「花見の仇討ち」後半は「長屋の花見」と今年はうまくお花見もできなかったけれどこちらで我慢。

なにより圧巻は三三師匠の大工調べ

「あたり前だぁ! べらぼうめ!!」

大工の棟梁が切った啖呵の痛快なこと。
立て板に水とはまさにこのこと。見事なまでの江戸言葉による
マシンガントーク・笑

たまっていたストレスを見事に晴らしていただきました。


帰りは小田原 酒場探訪。
以前より行ってみたかった小さな小さな呑み屋さん。

・・・小田原で呑み行けるお店が一件増えました。


こんな一日、あってもいい。いや、いや、なきゃだめですな・笑。

さぁ、またしばらく、がんばんべぇ

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ