アマの仕事・・・

あお虫にやられまくっていた
ブロッコリー、
「スティックセニョール」が収穫期を迎えました。

Sdscf3755_2


気温が下がって害虫の被害も収まったのでとりあえず一安心


アマチュアですが、これでもそこそこ行けます・笑

寒くなりました。

明るくなるのもずいぶん遅くなり

とても朝野良といえる季節ではなくなってしまいました。

S
車のフロントガラスが凍り付く季節でもあります



もっとも、この間は草が伸びることもないので
あわてる必要もないのですが・・・ 。

仕事をする時間がないときは
仕事量を減らしてくれる

大地の神はうまいこと仕組みを創るもんです。




ゆず・ゆず・ゆず

景色が夏色ではないので
駐車場の猫は、あくびをしていないけれど

ゆず湯に代表される

冬はゆずの季節。

畑のお隣様より、たくさんいただきました!!

Simg_0395

ゆず大根!  ゆずみそ!!

どれも「うま~」

特にゆずみその香りは絶品。
市販のものとは比べられない、
さわやかな香りを満喫させていただきました。

椎茸 採れてます!!

7月に入手した椎茸のほだ木、

「9月ごろ出ると思うよ~」
との声をいただいていたのですが、
残念ながら9月は音沙汰無し

夏場の管理、しくじったかなぁ・・・
今年の夏も変な天気だったしなぁ・・・


などと思っていたら
10月の終わりになってニョキニョキと。

Simg_20171104_104429

なるほど 甲州と信州の境にあたる、北杜市の白州と
相州の海っぺりとでは気候が違うのね

一月ほど遅れ11月になって

椎茸三昧。

採れたてキノコ
美味しいです・笑。

Simg_20171104_104314

凄いものを手に入れました3 ~ロケットストーブがやってきた編~

みなさま、ロケットストーブなる物をご存知でしょうか

便利なんですよ。
いろんなものが薪になっちゃうんです

ストーブとはいってもクッキングストーブ
五徳の上に置けば、鍋も、やかんも、フライパンも使えちゃう
野外使用が前提のいわば超高効率燃焼のコンパクトかまど?

剪定枝とか、松ぼっくりとか
あっという間に火がついて
煙も少なく、火力も強い。

田舎だったらそこら中に無尽蔵にあるいろんなものが
全部燃料と化しちゃいます。まさに再生可能エネルギー。

最近は
「田舎暮らしの必需品」とすら言われるアイテム。。







なのに、これまで我が家には導入されてなかったんですよ

それはなぜか。


「ロケットストーブは造るもの」

そんな認識が一般化しておりまして・・・。

ペール缶(一斗缶) ステンレス煙突 断熱材(農業用パーライト)

いただきもの(廃棄物?)やホームセンターで手軽に手に入る材料。
構造は単純明快。
ならば自作で・・・というのが今の流行。

というか、2005年に日本に紹介され
震災を機に防災グッズとして注目されたという
比較的新しいアイテム。
市販品もあるにはあるが、選択肢も少なくましてや高価。

しかし手作り。
不器用な人間にはなかなか手の出しづらい領域。
一番簡易なものでやっても、それなりの工具が必要。
普段全然使わない工具をすべて一から揃えるのはそれなりに
大変。


材料から工具から購入して、「うまくできませんでした」じゃ
洒落にならないじゃありませんか。

 無駄な缶とか煙突とかが家にゴロゴロしてても・・・ねぇ・笑。





そんななか、先日とある道の駅。

福祉系作業所の展示会にあった鋳鉄製の一品。

数少ない市販の物に比べると半額以下のお買得品。
鋳物製のため自作品よりはるかに高い耐久性。

手作りの場合、ステンレス煙突が熱に耐えられず
消耗品的な位置付けだけれど

これなら立派な耐久消費財です。




しかし
購入を決意した時には売り切れ欠品。
一か月待ちの納品と相成りました

そして晴れてこの度。

「凄いものを手に入れました」と、相成ったわけです。

Simg_0374
こんな小枝が今回の燃料

小枝をかき集めてお湯を沸かしてみる。

新聞紙1/4だけであっという間に点火。
ゴーという音とともに燃焼する小枝。
無煙というわけにはいかないが
煙もほとんど気にならない。

Simg_0377
こんなふうに上向きポケットから枝を投入します


やっぱ
凄いです。

1リットル(気温25度前後)を沸かすのに10分かからない。
もちろん点火作業を含む。です。

いい感じの野外コンロ。

・・・で件の南部鉄製品でホットサンドメーカーなわけです。


さすがに平日毎朝というわけにはいかないだろうけれど
休日の朝ごはんくらいならできるかも

自給の野菜とその辺の小枝燃料で焼いた
ホットサンド&コーヒー

街中ではとてもできない、日々これアウトドア・笑。

   ビバ・ビバ ロケットストーブ ! であります。

凄いものを手に入れました2 ~洋物なれど南部鉄鋳造品編~

凄いものを手に入れました2

南部鉄 ホットサンドメーカー

   及源鋳造株式会社。ちゃんと岩手県奥州市のメーカー製

S20170705_080146
なんでこんなものを・・・? 

それは次回「すごいものを手に入れた3で明らかになる訳だが
まずはもったいぶって、こちらから…。

コンセントをつないでタイマーをセットする家電製品でなく
アウトドアメーカーのガスバーナーでやるお手軽なものでもなく、

恐らくネットで手に入るホットサンドメーカーの中で
一番重くてごついもの。

鉄、型、取っ手、ずしっ(重)  以上。




パンを挟んでそのままたき火の中にぶっ込んじゃうような
早い話がダッチオーブンスタイルのホットサンドメーカー

なんかいいんですよ、この質実剛健。

相方が朝食を作る時に使う。なんていう小ジャレたものではない
(重くて使いこなせないらしい・汗)

なわけで取り合えず、私が・・・

トマトソース・ズッキーニ・玉ねぎ、ひき肉で餡を作り
スライスチーズでパッケージ。

慣れない手つきで押し込んで、表、裏、カリッと・・・こんがりと

   う、うまい。

メチャ美味です。これなら頑張って使えそうです。





しかし、所詮は食パンに挟むサンドイッチ製造機。
そんなに野菜消費には貢献しない事も判明。
(そんなに、つーかぜんぜん・汗)

さすがにこれだけで食事終わっちゃだめですな・笑。

 野菜大量消費月間実施中・・・
  しっかり野菜を食べましょう。

嵐の前の・・・

Simg_0379

ズッキーニ祭り 絶賛開催中!

   丸いのもズッキーニですよ~・笑

凄いものを手に入れました1 ~きのこの山は食べ盛り編~

珍しく連続更新。
こちらは田舎暮らし編です。


凄いものを手に入れました。その一。

「きのこ のこのこ タヌキの子~♪ きのこの山があったとさ~♪」
     ・・・・明治製菓 きのこの山 CMソング・・・

Simg_0357_2

椎茸の榾木・ほだぎ(多分クヌギ?)

知り合いの方から格安で譲っていただきました。

いや~、やってみたかったんですよ。椎茸栽培。
もっとも、駒も打って(菌を植えて)いただいてあるので
管理をするだけなのですが。

管理方法もネットを見れば結構わかるし。
良い時代ですなぁ

うまくいけばこの秋

あぶり椎茸で一杯。美味しいお酒がいただけそうです。

目指せ! 

     「♪きのこのやま~は食べ盛り♪・笑」

サラダバー

Srimg0066
既に少々太めなキュウリ


Srimg0065
レタス&サニーレタス

Srimg0067
トマトはもう少々お待ちください。

ご注文いただければオニオンスライスの準備もございます・・・・笑

湘南フォルクローレ交流会 第10回記念大会

5年前、
湘南地区で活動するの愛好家が集まって始まった交流会
演奏の機会や技術的向上、交流、情報交換を目的に
年に2回 6月と12月に密かに?開催されておりました。

その交流会がめでたく10回目を迎え
今回は記念大会。

もっとも、記念大会といっても
内容的には特別なことをするわけでもなく・・・。

なのですが、なんと今回は
初の野外での開催を実施!



毎年夏、里山コンサートでお世話になっている
湘南二宮竹の会様にお願いし
炭焼き小屋をお借りしました。

1週間前の天気予報は曇りのち雨
6月に入ったとはいえ、梅雨入りまでまだ少しあるだろうと
企画した野外イベント

代替の屋内施設も予約してはありましたが
気が気ではありませんでした

・・・が、

日を追うごとに確率予報の数値は下がり、
なんと当日は「雨の確立0%」

梅雨入り直前にしては考えられない見事な1円晴れ
(これ以上崩しようのない晴れ)


これはひとえにご皆様の日頃の行いのおかげです。

Srimg0023
3方を山に囲まれた炭焼き施設は里山最前線・笑

Srimg0020
付属の集会施設が今回の会場です

日々濃さを増す緑のもと
会場ににフォルクローレがこだまします。
里山が醸し出す新鮮な空気を目いっぱい吸っての
演奏です。

小鳥たちも歓迎・・・いや、彼らは面食らっていたことでしょう・笑


今回は20代のニューフェイスの華麗な演奏もあり
会の方は大盛況。





夜、2次会は既に二宮名物扱いになっている駅前のインドカレーやさん。
貸し切りパーティーは1次会参加22名、一人もかけることなく駆けつける大盛況。

皆様の2次会にかける意気込みをひしひしと感じます・笑。

楽器を取り出しての「呑めや歌えや」も空前の盛り上がり。
~楽しかったですね~。
  店員さんたちもびっくりしたろうなぁ・・・。

さて・・・
僕らの演奏の方はと申しますと

三島でのコンサートを翌日に控え
不安が残る曲を中心に(本当は全曲不安・汗)演奏し
より不安になるというお約束のドツボにはまり・・・

でも、後で録音を聴き返し大きな改善点を発見できたりもして
「公開練習お披露目会」という交流会の当初の目的をいかんなく活用させて
いただきました・感謝。




海沿いの街で行われていた山の音楽交流会
第11回は初の湘南を離れての開催になるかも・・・、という噂もちらほら
(持ち回りの幹事コンフント、次会は一昨年酔夢楽団と合同コンサートを
やってくれたコモエスティさんが買って出てくれました)

まだまだ楽しくなりそうですネ。

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ