無料ブログはココログ

週末の朝はロケットストーブでご飯を炊こうキャンペーン

 我が家には「ロケットストーブ」なるものがある。

wikipediaさんによると、ロケットストーブとは
”断熱された排気管(ヒートライザー)と燃焼管(バーントンネル)を持ち、
薪をくべて使用する燃焼機器”とのこと。難しすぎてなんのこっちゃ?
と思われるかもしれませんが、
要するにとても燃焼効率の良い小型の「かまど」のようなもの。
ストーブと名前がついているが原則暖房用ではない(一部暖房用もあるが)。

2011年ごろ「現代農業」という農業の専門雑誌に紹介により一般に認知された
比較的新しいアイテムで、慣れればマッチ1本で着火でき、
小枝から大きな薪まで多彩な形状の物が燃料として使うことができる。

S60297998_2260147207567565_6542047614936
お米を研ぎ浸水している間に珈琲を沸かし飲みながら飯盒炊爨
BGMは地元のFMヨコハマ。 土曜のアウトドア番組や日曜の湘南ライフスタイル番組がお供です。



その単純ではあるが反射炉の仕組みにも似た構造から、燃焼効率は絶大で
通常の調理コンロのような火力を簡単に得ることができる。
燃料を選ばない点と使い勝手の良さもあって防災用品としても認識されており、
一部では「田舎暮らしの必需品」との異名をもつ便利物。
歴史の浅いアイテムなので、まだアウトドア業界あたりには広まっていないようだが
そのうち何処かのグッズのメーカーさんがおしゃれなものを出してキャンプシーン
などでも見られるようになると思う。

なわけで、炊飯器はそっち方面(アウトドアグッズ)の「飯盒」に登場いただき
剪定枝や作物残渣(収穫後の植物)の一部を燃料にしてご飯を炊いております。

そう、実は、まず剪定枝をどうにかしたかったんですよ。
結構しんどい思いをして枝の剪定をする。
それを束ねて町の回収に(ごみとして)出す。
なんかね、頑張って働いてごみを生産しているんじゃないか?
といういやな気分になっちゃうんですよ

燃料になるのになぁ・・・
こんなに燃料を造っているのに、それをゴミとして出して、日頃はガスだ石油だ
と使ってるんだよね・・・それってなんか変じゃね?。
そんな思いがつのってこのロケットストーブを導入。
これをアウトドアレジャーで使うだけではなく、何とか生活の中に組み込めない
だろうかと思案した。



お湯を沸かしてポットで保温して使うことも考えたがそれほど使用量も多くない。
お湯を使わなければ、冷めて熱エネルギーは再び自然界に放出されてしまう。
ならばいっそのこと「ご飯」という形にしてしまえばいいのではないか。
ご飯にしてしまえば時間がたっても元には戻らない(自然放出されない)。
微々たるものだが生活エネルギーのカーボンニュートラル化にも役に立つ。
というわけでキャンペーン「ご飯を炊こう!」なのであります。




おかげ様でお弁当のご飯+αがこの飯盒ご飯になってます。
基本、お弁当はなるべく自給率を上げる(できるだけ自家栽培ものをおかずにする)
というゲームを日々楽しんではいるのだが、料理する燃料もちょっとだけ自給
というなかなかクオリティの高いものになっている(笑)。
2019年1月から始めたこのキャンペーン。もうじき30回を迎えます
土日両日荒天や泊りがけ等を除けばほぼ毎週。
1時間ちょっとでできるから日常の用事があっても開催可能・笑。

キャンペーンというよりは日常生活の一部になっている今日この頃なのです。

第9回湘南二宮竹の会 里山コンサート

夏休みの開幕を告げる
「湘南二宮竹の会里山コンサート」
7/27土曜 神奈川県二宮町の炭焼き小屋にて開催されました。

 

2日前に突然発生した台風6号の動きにほんろうされつつも
ふたを開けてみればなかなかの良い天気。

色々なところのイベント中止が発表される中
見極めをぎりぎりまで引っ張った粘り勝ちというところでしょうか
雨に降られることもなく夏の楽しい1日となりました。

 Sp7270097

昨年に引き続き、今年も我らが酔夢楽団は日頃お世話になっております
飯・熊の両名にご協力いただいての「with飯熊音楽隊」仕様です

今回の目玉曲は

「tempestad・嵐」

 ばりばりサンポーニャ難易度超高々の名曲。
もちろん両名の応援あって初めて演奏できた曲ですが
 つーかご両名にフィーチャーしたお二人のための曲です。
(僕は一部ケーナパートのサポート参加です。)

”熊”氏のサンポーニャは見る人聴く人を圧倒

ま、もっともこの曲「嵐」のおかげで台風がやってきたという
噂もありますが(笑)、

この曲はほんの一部パートでの参加でしたが
セッションに参加できたのは幸せなことでした。

上手な人の仲間入り~(笑)そーとー足引っ張っていましたが

 

 

子供たちが夏休みに入って最初の土曜日
第9回ともなれば
このコンサートで盛夏の訪れを感じてくれるお客様もいらっしゃって
嬉しい限りです。

美味しいお酒と流しソーメン、夏野菜・BBQ

 

笑顔の絶えない幸せ感たっぷりのひと時

 

2019 初日

     明けましておめでとうございます

          今年もよろしくお願い申し上げます     
 
Sdscf4885
毎年恒例 神奈川 二宮海岸の初日 
    みんな笑顔で過ごせる年になりますように・・・

菜園の気象データより

8月の中頃から面白いデータを集めている

データロガーという装置を使い15分おきに気温と湿度を観測。
1時間に4回、1日で96回、1か月なら3000近いデータを収集することができる。



先日始めて集計したのだが、これがなかなか面白い。
購入まで結構迷っていたのですが、もっと早く導入すべきだったなぁ
と、後悔するレベル・笑



Ssnapcrab_noname_2018916_52144_no00
データの一部
素のCSVからの加工がちょっと手間でしたが、それはそれで楽しい作業。


データを整理して、分析して・・・ なんか夏休みの自由研究をやっているみたい・笑。


というわけで



気温から見る今年の夏(8月11から9月7日)


最高気温 37.4℃ 8/31  午後14:00
最低気温 16.2℃ 8/18  午前4:45 5:00 5:30 5:45
         8/19  午前5:00 5:15

1日の平均気温 最高 30.67℃  8/25
        最低 22.58℃  8/18

最高気温30℃以上(真夏日) 28日中26日 うち35℃以上(猛暑日)8日
最低気温25℃以上(熱帯夜) 同   6日



最高気温を記録した時刻で一番多かったのは14:00で7回
最低気温を記録した時刻で一番多かったのは5:15で10回


一般に言われている午後2時ごろが一番熱く、明け方の気温が一番下がるというのが
計測からも証明された形です。


また最高気温が「その日の到達点」という感じで瞬間に記録するのに対し
最低気温は明け方1時間くらい同じ気温になることが多く、±0.1の誤差であれば
かなり長時間ほぼ同じ気温であることがわかった。

夏にはふさわしくないが「深々と冷える」という言い回しはそんなところからきているのかもと思ったりして・・・



設置個所は地上高1.6mの日陰。
南北には若干風が抜けるが東西の風による空気の動きは少ない(小屋の軒先のため)。なので空気の動きの違いが0.1℃単位の計測には影響が出る可能性がある。
南北風の時には空気が入れ替わるが、東西風の時には熱がこもってしまうといった具合。

日陰とはいえ屋根がトタン(屋根下25㎝は確保しているが)のため、直射日光による屋根の蓄熱効果による影響も若干あるかも?、とも思っている。

ただ、気象庁のアメダスも東京の観測位置が丸の内オフィス街から北の丸公園緑地に移って数値に違いが結構出ていたりしたから、どこも完璧な測定環境ってわけじゃないんだよね・・・。


他所との比較というよりは、月ごと、年ごとの定点比較が有効な利用法かな?


本当は日照時間や降水量も欲しいところだけど、そこまでやったらまんまアメダスだもんな、個人でできるわけもないし・・・・



気象庁で見られる小田原のデータで代用してみるか
近年のゲリラ降雨だと、あまりあてにはならないけどね


「例年に比べ気温が低い日が多いから、育ちが悪いや・・・」みたいな感じで遊べるのは
3年後?いや5年後くらいからなんだろうなぁ・笑

ズッキーニ グリーンパンツ

今年の変わり種ズッキーニ

グリーンパンツ

黄色の上半身?に緑の下半身?


不思議なものがあるもんだ・・・笑
Srimg0093

交流会の翌日は野良仕事?

この時期はやることがいっぱいあるので
晴れたら野良へ出ないわけにいかない。

ズッキーニの苗を定植。
後は 「オクラ」と「イタリアントマト」

これが終わるとようやく夏野菜も一息

ですが・・・それは来週。

路地裏から街を元気にするマルシェ

 「たびするくま」

で打ち上げ? 

ん?昨日 結構飲んでません?

いや、いや
良いじゃないですか、たぶん。

Sdscf4160

最近のキッチンカーはすごいなぁ
石窯が入ってるんだもんなぁ・・・
感心しつつ舌鼓。   うまい!

そのほかタイ料理つまみも、チャーシュー丼も絶品。
なんか昨日からうまいもんばかり食っているぞ・笑

サニーレタス 最強!!

野菜不足、価格高騰の頃、早めに種を撒いた
レタスがようやく食べごろを迎えました。


ま、皆さん考えることは同じで、一斉に撒いて一斉に市場に出るもんだから
価格の方は大暴落。
先日は直売所でビニールにぎっしり詰まって85円。さもありなん、な話です。



ま、そんなことはどうでもいい、
出荷するわけじゃないから関係ないということで・・・




そして畑直行のサラダバー。

Sdscf3990


ところで、


皆様ご存知でしょうか?。
レタスは畑で虫が付かないんですよ。

キャベツは虫が大好きなもんだから、彼らは中にお菓子の家状態で住みますが、
レタスは大丈夫。軸を切った時に出る白い液の成分が虫は苦手らしく
きれいな葉っぱに育ちます。


おまけにこのサニーレタスは通常のレタスと違って
「あ~あ、うまく丸まってくれないなぁ」なんてぼやくことも無し。
(もともと丸まらないからね~)

まさに植えれば育つ、最強野菜なのです。
暑さには弱いけど・笑


日頃葉っぱ好きで青虫を自任しておりますが、
虫たちと違って僕の方はレタスも大好き。



しばらくは主食のように葉っぱを食べることとなります・笑

Season9は試練の幕開け

夏野菜も9年目。

以前はBBQ大会も兼ねた一大イベントだったのですが
今年は小ぢんまりとひそやかなスタート

これまでの経験をベースにいろいろ工夫して
茄子、トマト、ピーマン、シシトウ、万願寺、ハバネロ、
ゴーヤ、小玉スイカ、インゲン豆等の苗を一斉に定植。

作業は順調に終了。


しかしこの後悲しい出来事が・・・

ささやかな祝杯の後
写真だけでも取っておこうろうと畑に戻ってみると
ビニールで覆いをしていなかったトマトやピーマン系の苗
が見るも無残な状態に(涙)


「ウリ葉虫よけのカバーは瓜科以外の苗にはいらないかな?」
と一部省略したのが運の尽き

カラス(たぶん)が襲撃。

Sdscf3987

トマトなどは全部引き抜かれ、半数は修復不可(つーか真っ二つ)
えんどう豆も多数被害
(こちらは苗が小さかったため切断は回避、ほぼ修復可能)

自然は容赦有りません。


この日を迎えるまで、雑草対策やら何やら色々な苦労に直面し、
ようやくたどり着いたというのに、
夕方になってのこの仕打ち。

なんだか膝から崩れ落ちそうな心境。

自然は容赦ない。
カラスは容赦ない(笑)


一年に一度しかできない農作業に完全マスターなんて存在しない。

これも経験

あれも経験

ま、これだけのことだったのですが、
何やら寓話めいた経験に感じる。

さて
追加の苗、何時買いに行けるかな~

桜も早いが今年はこちらも早めです

毎年、プロ野球の開幕と同時に摘み取り

テレビで中継を見ながら食べられる様こしらえる
というのが年中行事になっておりましたが、

桜の開花が早かった今年

こちらの芽吹きも若干早め

Sdscf3885

繁殖力抜群の雑草
こんなに憎たらしい奴もないのですが、

朝露とのコラボの美しさは絶品。
Sdscf3887

葉物野菜高騰につき・・・

レタスの種を少し早めに蒔きました。

小指の先程の芽



寒の戻りの朝は、室内退避の過保護モード。

Sdscf3882


もっとも、ダメな時はどうやってもダメなのですが(笑)

うまく育ってくれるといいなぁ・・・

より以前の記事一覧

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30