無料ブログはココログ

« 2020年5月 | トップページ

暦の話 七十二候 土脉潤起(つちのしょう うるおいおこる)

暦の話 七十二候 土脉潤起(つちのしょう うるおいおこる)

このブログには「季節の便り」というカテゴリーがある。
もともとは2006年からの1年間「二十四節季(にじゅうしせっき)」という季節の節目に
それにふさわしい写真とともに、散文を寄せるという企画。

まだ若かりし頃、よくもまぁ二十四回、1年間も続けたもんだ。という企画だったのだが
それが終えてからも、季節の節目には畑を彩る植物の写真や訪れた先での風景などを
掲載していた。(さかのぼると当時のが見られるあたりがすごいな・汗)

今年はSNSで正月早々「暦に寄り添う暮らし」宣言をしてしまったので、
こちらでもちょっと遊んでみようかと思う。
二十四節季より細かく季節を分けた「七十二候(しちじゅうにこう)」というのがあるので
それに触れつつ月日のうつろいを楽しめたらいかな~


「二十四節季」は月に二度切り替わる。その一つの節季をさらに三等分したものが「七十二候」。
ほぼ五日ごとに移りゆくこととなる。
すべて取り上げるのはまず無理なので、節目として面白いのがあったら取り上げてみる予定。ま、ぼちぼちと、です。


今回は二十四節季「雨水(うすい)」の初候(最初の三分の一)「土脉潤起(つちのしょう うるおい おこる)」です。
今年、「雨水」は2月19日から「啓蟄(けいちつ)」となる3月5日の前日まで3月4日迄。
その初侯にあたります。(今日19日から23日)


と、いろいろ細かく書きましたが
この「土脉潤起(つちのしょう うるおいおこる)」は雨が降って土が湿り気を含む頃という意味。
これ、本当に実感こもります。神奈川沿岸部は冬の寒さが厳しければ厳しいほど
雨は降らず、畑は乾燥し、土(地面)は固くなります。鍬を立てても刃を跳ね返えされ、とてもでなければ耕せない。
衝撃で体を痛めてしまう。年明けからしばらくの間はそんな時期が続きます。

冬が終わりに近づき、暦の上でも春の声を聴くころになると雨が定期的に降る。
時に大雪、時に寒く冷たい雨と、とかく人には嫌われがちだが、ある意味待ちに待った待望の雨でもあるのです。

 


そしてようやく土は潤い、野良人は春の準備を始める。

 

そんなわけで雨が降ったら始まる春畑の支度。
初仕事は6月収穫を目指すじゃがいもの植え付けから
一足早く、先週降ったの雨がスタートの合図
三月初旬の植え付けに向けて土づくり急ピッチです。

 

 

季節の便り七十二候、「土脉潤起(つちのしょう うるおいおこる)」
二十四節季「雨水(うすい)」の初候.

すべての起点は水にある。そんなことを改めて感じさせる早春の候。

Sp2190667
土 水を含み春の訪れを告げます
Sp2190676
そして一番乗りの味覚はこれ「蕗の薹(ふきのとう)」 

パラレルワールドを求めて

公式な人前での演奏(2020八幡山のコンサート)から2年になろうとしている。
酔夢楽団の活動をどうしていくべきか模索し続ける中、
「とりあえず今はまだ」が延々2年も続くことになってしまっている。
その「今」が終わる気配は…未だ無い。

一番最初に「不要不急」という言葉が叫ばれたころ、「僕らの演奏はまさに不要不急だね~」
なんて冗談めかしくいっていたのだが…。


「世の中の一番最後でいい」

僕らが活動を再開したら、世の中すべてが元通り…
なんて考えていたのだけれど

どうやら元には戻らないらしい。


音楽が創りだす空間を共有し、共に楽しむことで人と人とがつながっていく
それが技術的にも芸術的にも決して上手とは言えない僕らが、あえて人前に出て演奏する意義。
業とも、アーチスティック活動ともまた違う、音楽を奏でる第三の道だと思っていた。

しかし、すべてのよりどころであるはずの「空間の共有」が2年前から止まったまま。
社会の中、階段の踊り場のようにあったはずの不要不急なニーズは、
ひたすら登るだけとなった階段のもと、あっさりと消滅してしまった。
人は「必要不可欠」の合言葉によってのみ、ひたすらこの階段を登っていくのだろうか。


「もう踊り場はいらないのか」


長期的視点に立てば、社会は何らかの形で新しい踊り場のようなものを創造していくのだろう。しかし

「中年老いやすく、楽(がく)成り難し・笑」

それが定着しノーマル化するまでの長いであろう道のりは、僕らにはとってはあまりにも長すぎる。


想像して創造する。先取りして実践する。
それが活動を模索するということの本質なのだろうとは思うのだが…

此処じゃないどこか、まさにパラレルワールド
ん~。なんとも、知恵がほしい。


Sf4a1ae2146b0445c8cf5045922e392ca_20220212070601
にゃーさん、君には何か見えていますか?

リノベーション

皆様ご無沙汰いたしております。

約2年ぶりの更新になります。
最近は発信の場をfacebookに移行しておりましたが
発言がblogで書いていたころのような長めの文章になってしまうことが多く
メディアの性質上使い分けした方がいいような気がしていました。

以前のように…ネットの吹き溜まり。端っこで、隅っこで、目立たぬように、はしゃがぬ様に、できないことは無理をせず…(ん?なんかの歌に似てきたぞ・笑)

見たいと思った人だけが見に来れる、押し付けのないblogというメディアを今、改めてリノベーションしてみようかと…

目に留まるようなことがございましたら、改めてよろしくお願い申し上げます。

 

« 2020年5月 | トップページ

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30