無料ブログはココログ

« フォルクローレに恋をして。 福島県川俣、楽器を持った10年目の旅  その4  ~4・3・5~ | トップページ | フォルクローレに恋をして。 福島県川俣、楽器を持った10年目の旅  その6 ~酔夢版、家族に乾杯?~ »

フォルクローレに恋をして。 福島県川俣、楽器を持った10年目の旅  その5  ~え?今年は宴会無いの?~

いろいろな人に会えること。これもコスキンの楽しみの一つ

日頃の行動半径があまり広くない自分は
日常でお会いできる人が限られてしまっている。
(仕事での出張とかもないので、色々出歩いている割には農耕民族なのです)

なので、この日この場がとても楽しみ。

これは4回目のコスキンの時(おぉ、もう6年前か)のお話。

この年の演奏は23:20分。これまでで最も遅い時間。
なので初めて主催者が手配してくれる宿に申し込んでみた。
(それまでは福島駅前のホテルを取って夜の街?に繰り出していた)

安い分雑魚寝?いや、ちゃんとお布団はあるが相部屋。


すべての演奏が終わって午前1時。
思いのほかいい演奏ができて、そこそこご機嫌なわれ等。
しかし、会場から直行の送迎バスなのでお酒を買っている時間もない。
つーか、宿についたのは2時ころ?
普通なら時間的にそれどころではない深夜2時。

なのに、宿につくとそこは・・・

    宴会場だった(笑)


「いっしょに飲みません??」

誘っていただいたのは仙台のグループの方。
そういわれて、僕は断るボキャブラリーを持ち合わせていない。

その後大いに盛り上がり

気が付いた時はもう明るくなっていた。

それから毎年、同じ宿で繰り広げられる楽しい宴




その時ご一緒させていただいたのが
仙台の老舗コンフント「コンフント トラピチェ」
出場30回?日本代表でアルゼンチンへ行った方を輩出する
実力派。なのに こんな人たち(以下略・笑)
Sdscf4411
日頃は「世を忍ぶ仮の姿」で暮らされているらしいのですが、年に一度、川俣で・・・

ご紹介いただいて広がった仙台でご活躍中の愛好家の皆様との輪。
皆様と毎年お会いするのが楽しみで、楽しみで。

ところが・・・

ところがですよ

なんと、
今年、宿が別々だったんですよ(泪)

会場より一番遠い宿のため
希望をすれば主催者側の人も喜んで割り振ってくれていた
なので毎年我々は「能ならば・・・」 と希望を出していた

トラピチェさんたちはまずは20年来?定宿化していたため
安心しきっておりました。

なので今年は夜の宴会がお流れ・・・

    残念至極。

年に一度のお楽しみだったのに~。

これは来年、策を講じなければならない。
(事前に相談して同じグループで宿申し込みすればいいだけの話なので)




なので今年は・・・
やむなくこちらで・・・

Sdscf4494

トラピチェ、実はアルゼンチン最高峰ワインのブランド名
(葡萄やサトウキビを絞る圧搾機からのネーミングらしい)

  うーん、やっぱり残念。

« フォルクローレに恋をして。 福島県川俣、楽器を持った10年目の旅  その4  ~4・3・5~ | トップページ | フォルクローレに恋をして。 福島県川俣、楽器を持った10年目の旅  その6 ~酔夢版、家族に乾杯?~ »

四方山話」カテゴリの記事

Liveを聴こう!」カテゴリの記事

フォルクローレ」カテゴリの記事

演奏活動」カテゴリの記事

コメント

コスキン川俣33年にして,その更なる奥深さを知った次第です(笑).
来年は手抜かりが無い様,努めて努力いたす所存です.

今年はびっくりでしたね(^-^
来年は策を労しましょう。つーか申し込みの時に連絡しますね~。

この記事へのコメントは終了しました。

« フォルクローレに恋をして。 福島県川俣、楽器を持った10年目の旅  その4  ~4・3・5~ | トップページ | フォルクローレに恋をして。 福島県川俣、楽器を持った10年目の旅  その6 ~酔夢版、家族に乾杯?~ »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30