« サラダバー | トップページ | 相手チームのスタジアムでサッカーを観戦した。 »

CHROTORAMIQUE・クロトラミケ・黒トラ三毛 ~夏のカレーはひと味違う・高円寺~

S18527492_1537951096277045_62855684

さてさて、高円寺のLIVE鑑賞から一週間が経ちました。

「夏のカレーはひと味違う」とテーマされた今回のlive
出演者はフォルクローレ業界でも注目の若手(あくまで自分比・笑)演奏家たち

しかし今回のliveは一部曲のチョイスやオリジナル曲に様式の踏襲?
と思われるものが垣間見られるものの、
全体としてはフォルクローレLIVEではない。

チャランゴやサンポーニャといった楽器も活躍しているが
メインは人の声。 「歌」。

ほぼほぼすべて日本語で、南米の楽曲も意訳、もしくは別の詞
が付けられている。とても言葉を大切にしたコンサート

独特の世界観があり、透明感のあるヴォーカルと・・・


うーん、うまく表現ができないな、

と中断してネットをふらりふらりしていると
変な言葉を発見。
ちょっと違う感もあるが、いい得て妙な。

~幻想浮遊系~
遊佐未森、ZABADAK、上野洋子、新居昭乃、坂本真綾などに代表される、
ファンタジックな作風や「妖精ボイス」を特徴とするJポップアーティストの傾向

なるほどなるほど
洋楽も含むとENYAなども入る。とか?

まぁ、ジャンル分けに大した意味はない。
つーか、勝手に分けられる方は迷惑かもしれないが。


不思議な場面とキャラクターの設定。
シーンが映像として浮かび上がってくるような音楽。
まるで1本の映画のサントラを聴いているような
絵本のためのアルバムのような・・・

チャランゴ、サンポーニャ、ギターラ、バイオリンに加え
箏(日本)クワトロ(南米)ハーディ・ガーディ(欧州)といった
珍しい楽器も登場。

特にハーディ・ガーディは日本ではまず見かけない楽器ですね
バンドとしてセッションで演奏されるところは初めて見ました。




とてもおしゃれな街 高円寺で繰り広げられた
とてもおしゃれなコンサート

貴重な経験をさせていただきました。

« サラダバー | トップページ | 相手チームのスタジアムでサッカーを観戦した。 »

Liveを聴こう!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サラダバー | トップページ | 相手チームのスタジアムでサッカーを観戦した。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ