無料ブログはココログ

インフォメーション

  InfoS51313251_2042006379431087_798729_3

 

          Ssimg_9118Simg_9107Sssimg_5405Simg_9109


社会が危険な感染症と共存していくための新しい日常生活の中で、
活動をどのように位置づけることができるのか、いまでも模索しています。
悩みは尽きませんが、その悩むことを大切にしながら進んでいこうと思っています


最新記事はこのお知らせの下に掲載されます

      Info2_2  
Unnamed Facebookやってます。
   お友達申請の際はメッセンジャー等で一言で結構ですのでお願いしますm(__)m     

 

 

 

 

     
        

暦の話 七十二候 土脉潤起(つちのしょう うるおいおこる)

暦の話 七十二候 土脉潤起(つちのしょう うるおいおこる)

このブログには「季節の便り」というカテゴリーがある。
もともとは2006年からの1年間「二十四節季(にじゅうしせっき)」という季節の節目に
それにふさわしい写真とともに、散文を寄せるという企画。

まだ若かりし頃、よくもまぁ二十四回、1年間も続けたもんだ。という企画だったのだが
それが終えてからも、季節の節目には畑を彩る植物の写真や訪れた先での風景などを
掲載していた。(さかのぼると当時のが見られるあたりがすごいな・汗)

今年はSNSで正月早々「暦に寄り添う暮らし」宣言をしてしまったので、
こちらでもちょっと遊んでみようかと思う。
二十四節季より細かく季節を分けた「七十二候(しちじゅうにこう)」というのがあるので
それに触れつつ月日のうつろいを楽しめたらいかな~


「二十四節季」は月に二度切り替わる。その一つの節季をさらに三等分したものが「七十二候」。
ほぼ五日ごとに移りゆくこととなる。
すべて取り上げるのはまず無理なので、節目として面白いのがあったら取り上げてみる予定。ま、ぼちぼちと、です。


今回は二十四節季「雨水(うすい)」の初候(最初の三分の一)「土脉潤起(つちのしょう うるおい おこる)」です。
今年、「雨水」は2月19日から「啓蟄(けいちつ)」となる3月5日の前日まで3月4日迄。
その初侯にあたります。(今日19日から23日)


と、いろいろ細かく書きましたが
この「土脉潤起(つちのしょう うるおいおこる)」は雨が降って土が湿り気を含む頃という意味。
これ、本当に実感こもります。神奈川沿岸部は冬の寒さが厳しければ厳しいほど
雨は降らず、畑は乾燥し、土(地面)は固くなります。鍬を立てても刃を跳ね返えされ、とてもでなければ耕せない。
衝撃で体を痛めてしまう。年明けからしばらくの間はそんな時期が続きます。

冬が終わりに近づき、暦の上でも春の声を聴くころになると雨が定期的に降る。
時に大雪、時に寒く冷たい雨と、とかく人には嫌われがちだが、ある意味待ちに待った待望の雨でもあるのです。

 


そしてようやく土は潤い、野良人は春の準備を始める。

 

そんなわけで雨が降ったら始まる春畑の支度。
初仕事は6月収穫を目指すじゃがいもの植え付けから
一足早く、先週降ったの雨がスタートの合図
三月初旬の植え付けに向けて土づくり急ピッチです。

 

 

季節の便り七十二候、「土脉潤起(つちのしょう うるおいおこる)」
二十四節季「雨水(うすい)」の初候.

すべての起点は水にある。そんなことを改めて感じさせる早春の候。

Sp2190667
土 水を含み春の訪れを告げます
Sp2190676
そして一番乗りの味覚はこれ「蕗の薹(ふきのとう)」 

パラレルワールドを求めて

公式な人前での演奏(2020八幡山のコンサート)から2年になろうとしている。
酔夢楽団の活動をどうしていくべきか模索し続ける中、
「とりあえず今はまだ」が延々2年も続くことになってしまっている。
その「今」が終わる気配は…未だ無い。

一番最初に「不要不急」という言葉が叫ばれたころ、「僕らの演奏はまさに不要不急だね~」
なんて冗談めかしくいっていたのだが…。


「世の中の一番最後でいい」

僕らが活動を再開したら、世の中すべてが元通り…
なんて考えていたのだけれど

どうやら元には戻らないらしい。


音楽が創りだす空間を共有し、共に楽しむことで人と人とがつながっていく
それが技術的にも芸術的にも決して上手とは言えない僕らが、あえて人前に出て演奏する意義。
業とも、アーチスティック活動ともまた違う、音楽を奏でる第三の道だと思っていた。

しかし、すべてのよりどころであるはずの「空間の共有」が2年前から止まったまま。
社会の中、階段の踊り場のようにあったはずの不要不急なニーズは、
ひたすら登るだけとなった階段のもと、あっさりと消滅してしまった。
人は「必要不可欠」の合言葉によってのみ、ひたすらこの階段を登っていくのだろうか。


「もう踊り場はいらないのか」


長期的視点に立てば、社会は何らかの形で新しい踊り場のようなものを創造していくのだろう。しかし

「中年老いやすく、楽(がく)成り難し・笑」

それが定着しノーマル化するまでの長いであろう道のりは、僕らにはとってはあまりにも長すぎる。


想像して創造する。先取りして実践する。
それが活動を模索するということの本質なのだろうとは思うのだが…

此処じゃないどこか、まさにパラレルワールド
ん~。なんとも、知恵がほしい。


Sf4a1ae2146b0445c8cf5045922e392ca_20220212070601
にゃーさん、君には何か見えていますか?

リノベーション

皆様ご無沙汰いたしております。

約2年ぶりの更新になります。
最近は発信の場をfacebookに移行しておりましたが
発言がblogで書いていたころのような長めの文章になってしまうことが多く
メディアの性質上使い分けした方がいいような気がしていました。

以前のように…ネットの吹き溜まり。端っこで、隅っこで、目立たぬように、はしゃがぬ様に、できないことは無理をせず…(ん?なんかの歌に似てきたぞ・笑)

見たいと思った人だけが見に来れる、押し付けのないblogというメディアを今、改めてリノベーションしてみようかと…

目に留まるようなことがございましたら、改めてよろしくお願い申し上げます。

 

「ROLANDO ENCINAS EN JAPON 219」 紀尾井町サロンホール

その昔、神奈川は表丹沢松田町「寄・やどりき」から自宅に帰る車の中
そこはその日行われたコンサートの感想会の会場だった。


「あの曲のリズムは楽しい」
「ケーナの節回しの美しさは・・・」
「弦とのアンサンブルの絶妙さ」
「無音の音ってあるんだよね~」etc


笛の師匠が主催していたフォルクローレの鑑賞イベント
「クルブカバーニャ」定例コンサートの帰り道
フォルクローレ夢中人、駆け出しだったあの頃。
いつもの我が家の風景でした。


最後にそのコンサートが行われたのはいつだったろうか。


月日は流れ2019年。
知り合った頃から体調を崩されていた師匠は昨年他界。
夢中になっていたあの頃はもう戻ってこないんだろうな、と思っていた。



そんな中、クルブカバーニャを主催していた「アンデスの家ボリビア」が本格的に
活動を再開するとの知らせ

娘さんが後を引き継ぎ店舗の運営やイベントの開催等を行っていくとのこと

そのイベント部門の第一弾が先日開催された。



S75580551_2398448043737480_1035752692237  

「ROLANDO ENCINAS EN JAPON 2019」
           紀尾井町サロンホール
   
   主催 アンデスの家 ボリビア
   後援 駐日ボリビア多民族国 大使館

 

「ケーナの巨匠」ロランドエンシーナスのコンサート
日本ツアーの中、追加公演として企画されました。
彼が主催する「 Musica de Maestros ムシカ・デ・マエストロス」
CDは擦り切れるほど聴いていた(CDは擦り切れないか(笑)
要はファンなのです。ワクワクです。


会場は東京千代田区、紀尾井町サロンホール
千代田区紀尾井町。昔は徳川幕府中枢の大名、紀伊徳川家、尾張徳川家、
彦根井伊家の屋敷が連立していたという。
(それで 紀・尾・井・町か、すげーな(笑)。)
都会中の都会。東京のど真ん中にある小さなホール。
まるで小さな宝石箱のような会場。


こんな都心に80人限定の音楽ホールなんて、なんとまぁ贅沢な空間。


今回はMusica de Maestros ムシカ・デ・マエストロスの民族楽器による
オーケストラ形式ではなく、エンシーナスのケーナにフィーチャーした
コンフント(小楽団)形式。
PAを通さない匠の笛を十分に満喫できるプログラムです。


会場の80席は予約のみで完売とのこと。
若い方から先輩の皆様まで、様々な年齢層の方々が詰めかけました。
中には久しぶりにお会いする方、本当は福島のフェス(今年は台風の影響で中止)
でお会いできるはずだった方々との思わぬ再会も。


エンシーナスはケーナ奏者としてだけではなく、幼少から青年期は舞踏団のダンサーとしても活躍、
作曲者やプロデューサーとしての側面もあるため、そのステージはとても楽しい。
表現したいことを体全体で醸しだしてくれるので、
会場が彼の世界観で包まれていくのが手に取るようにわかります。

そして彼の手元から、口もとから発せられている笛の音は、音色の多様さ、
奥行きの深さ、美しさ、やはり我々のそれとは別次元。
(あたりめーだろ、このコメント自体が図々しい・(笑))


ケーナという楽器の成り立ち、ボリビア音楽のあれやこれや、歴史、今。
曲の内容を小芝居にした演奏など盛りだくさん。


同行来日しているジュリアーノのギター&歌声、パーカッショニストである
息子さんのアドリアン、そして長年親交のある日本人チャランゴ奏者のダイジート、
通訳、ツアーコンダクトも兼ねたサンポーニャ&ケーナの牧野翔さん。
皆が一体となって創り出す息の合ったサウンドは、会場をそのまま、遥南米は
ボリビアの地へといざなってくれました。



今日初めてフォルクローレを聴いたという方もいらっしゃっていたとのことですが、
マニアでなくても十分楽しめるプログラムだったと思います。
 

特に今回、通訳をしてくれていた牧野さんの、丁寧な語り口は来日ミュージシャンの
思いをリスナーに届ける役目を充分果たしてくれており、奏者と会場の一体化に
ずいぶん貢献してくれていたのではないかと思います。
我が家は身近なところに言語通訳士(手話・相方)のいる環境なもので、
この辺、どうも敏感になってしまいます(笑)…でもね、実はこれ大切なのよ。


日本語MCで会場が笑っているのに(伝わっていないため)ぽつんとしてしまっている奏者や、
逆にたくさんいろんなことを話してくれているのに会場には伝わっていない状況が多発すると、
どうしても舞台と客席が分断されちゃう。
そう意味でも今回は会場が一つになった素晴らしいコンサートでした。



いやぁ~幸せな空間でしたな~。

………今回は都会も都会、東京のど真ん中
帰りの電車の中が感想会の会場。
こんなことを話しつつ、それぞれの曲の感想や、幸せな時間を反芻。



つい丹沢の山から帰ってくる車中のことを思い出す。



  あ、あの頃が帰ってきた ……と。 

 




 

「ROLANDO ENCINAS EN JAPON 2019」
紀尾井町サロンホール
   
   主催 アンデスの家 ボリビア
   後援 駐日ボリビア多民族国 大使館

第一部
1 SICOYAS / シコヤス
2 LA TUNANTILLA-VUERA A TI / 夜遊び娘-歌よ、君へ飛んでいけ
3  ENCUENTROS / 出会い 
4  ILUSION HERIDA / ボロボロの幻想
5  CANTARINA / カンタリーナ
6  EL MOSQUETOREO / 覗いていたら
7  CAMBA ALEGRE / 陽気なカンバ
8  SAYA PARA MARIKA / マリカのサヤ

第二部
 9 TAQUITO MALITRA / 軍靴の響き
10 LET IT BE / レット・イット・ビー
11 A LA VERA DEL CAMINO / 道端で
12 AUSENCIA / 君がいないとき
13 AMONINO / アモニノ
14 SUSPIROS / ため息のクエカ
15 BARBARELLA / バルバレーリャ
16 TONADA DE LAS FLORES / 花のトナーダ


Roland Encinas
Yuliano Encinas
牧野翔
Adrian Encinas
福田大治”Daijito"

当日の様子です。facebook Nippon Bolivia Folkrore コミュニティより

 

 

 

2019浅間祭 出演します!! 

久しぶりの演奏告知です。

今回はオフィシャルのポスターでドカンと(笑)

 

2019 浅間祭(せんげんさい) 

 平塚市浅間町  青少年会館 野外特設ステージ
 酔夢楽団出演は
  第2日目 11月10日(日) 12:50~13:20  です


Oi000009




        お待ちしております(^O^)/
    

 

週末の朝はロケットストーブでご飯を炊こうキャンペーン

 我が家には「ロケットストーブ」なるものがある。

wikipediaさんによると、ロケットストーブとは
”断熱された排気管(ヒートライザー)と燃焼管(バーントンネル)を持ち、
薪をくべて使用する燃焼機器”とのこと。難しすぎてなんのこっちゃ?
と思われるかもしれませんが、
要するにとても燃焼効率の良い小型の「かまど」のようなもの。
ストーブと名前がついているが原則暖房用ではない(一部暖房用もあるが)。

2011年ごろ「現代農業」という農業の専門雑誌に紹介により一般に認知された
比較的新しいアイテムで、慣れればマッチ1本で着火でき、
小枝から大きな薪まで多彩な形状の物が燃料として使うことができる。

S60297998_2260147207567565_6542047614936
お米を研ぎ浸水している間に珈琲を沸かし飲みながら飯盒炊爨
BGMは地元のFMヨコハマ。 土曜のアウトドア番組や日曜の湘南ライフスタイル番組がお供です。



その単純ではあるが反射炉の仕組みにも似た構造から、燃焼効率は絶大で
通常の調理コンロのような火力を簡単に得ることができる。
燃料を選ばない点と使い勝手の良さもあって防災用品としても認識されており、
一部では「田舎暮らしの必需品」との異名をもつ便利物。
歴史の浅いアイテムなので、まだアウトドア業界あたりには広まっていないようだが
そのうち何処かのグッズのメーカーさんがおしゃれなものを出してキャンプシーン
などでも見られるようになると思う。

なわけで、炊飯器はそっち方面(アウトドアグッズ)の「飯盒」に登場いただき
剪定枝や作物残渣(収穫後の植物)の一部を燃料にしてご飯を炊いております。

そう、実は、まず剪定枝をどうにかしたかったんですよ。
結構しんどい思いをして枝の剪定をする。
それを束ねて町の回収に(ごみとして)出す。
なんかね、頑張って働いてごみを生産しているんじゃないか?
といういやな気分になっちゃうんですよ

燃料になるのになぁ・・・
こんなに燃料を造っているのに、それをゴミとして出して、日頃はガスだ石油だ
と使ってるんだよね・・・それってなんか変じゃね?。
そんな思いがつのってこのロケットストーブを導入。
これをアウトドアレジャーで使うだけではなく、何とか生活の中に組み込めない
だろうかと思案した。



お湯を沸かしてポットで保温して使うことも考えたがそれほど使用量も多くない。
お湯を使わなければ、冷めて熱エネルギーは再び自然界に放出されてしまう。
ならばいっそのこと「ご飯」という形にしてしまえばいいのではないか。
ご飯にしてしまえば時間がたっても元には戻らない(自然放出されない)。
微々たるものだが生活エネルギーのカーボンニュートラル化にも役に立つ。
というわけでキャンペーン「ご飯を炊こう!」なのであります。




おかげ様でお弁当のご飯+αがこの飯盒ご飯になってます。
基本、お弁当はなるべく自給率を上げる(できるだけ自家栽培ものをおかずにする)
というゲームを日々楽しんではいるのだが、料理する燃料もちょっとだけ自給
というなかなかクオリティの高いものになっている(笑)。
2019年1月から始めたこのキャンペーン。もうじき30回を迎えます
土日両日荒天や泊りがけ等を除けばほぼ毎週。
1時間ちょっとでできるから日常の用事があっても開催可能・笑。

キャンペーンというよりは日常生活の一部になっている今日この頃なのです。

第9回湘南二宮竹の会 里山コンサート

夏休みの開幕を告げる
「湘南二宮竹の会里山コンサート」
7/27土曜 神奈川県二宮町の炭焼き小屋にて開催されました。

 

2日前に突然発生した台風6号の動きにほんろうされつつも
ふたを開けてみればなかなかの良い天気。

色々なところのイベント中止が発表される中
見極めをぎりぎりまで引っ張った粘り勝ちというところでしょうか
雨に降られることもなく夏の楽しい1日となりました。

 Sp7270097

昨年に引き続き、今年も我らが酔夢楽団は日頃お世話になっております
飯・熊の両名にご協力いただいての「with飯熊音楽隊」仕様です

今回の目玉曲は

「tempestad・嵐」

 ばりばりサンポーニャ難易度超高々の名曲。
もちろん両名の応援あって初めて演奏できた曲ですが
 つーかご両名にフィーチャーしたお二人のための曲です。
(僕は一部ケーナパートのサポート参加です。)

”熊”氏のサンポーニャは見る人聴く人を圧倒

ま、もっともこの曲「嵐」のおかげで台風がやってきたという
噂もありますが(笑)、

この曲はほんの一部パートでの参加でしたが
セッションに参加できたのは幸せなことでした。

上手な人の仲間入り~(笑)そーとー足引っ張っていましたが

 

 

子供たちが夏休みに入って最初の土曜日
第9回ともなれば
このコンサートで盛夏の訪れを感じてくれるお客様もいらっしゃって
嬉しい限りです。

美味しいお酒と流しソーメン、夏野菜・BBQ

 

笑顔の絶えない幸せ感たっぷりのひと時

 

天下泰平 なべてこの世はこともなし(京都へ行った話)

四条河原町から烏丸へ抜け、西洞院通りを六条へ
ちっちゃな町家のゲストハウスを目指しふら~りふらり。

 

久しぶりの京都観光にやってきた。
6年ぶり、9回目。前回は甲子園の高校野球のおまけ、五山送り火訪問だったので
本格的観光訪問は、その前までさかのぼる。
過去を紐解いてみればその前も6年前、したがってほぼ12年ぶりの定点観光。

 

四条、先斗町の繁華街から宿をとった本願寺方面へ
およそ1時間の大散歩。
街の玄関口京都駅へ近づいているのに、この辺りは結構静か。

 

それにしてもこの街は訪れるたびに印象が違う。
街が変わっているわけではなく、受け止める側の心持の問題のよう。
その時にによって姿を変えた(ように見える)から面白い。

 

 

今現在、自分の目にどう見えるのか
それがいわゆる定点観光の醍醐味。
十代のころ、三十路ころと、アラフィフ(じゃない、ドンピシャか・汗)とでは
物の見方が違うのですよ。

 

行ったことの無いところを訪ね歩く旅とはまるで違う。
自身の変化でで見えてくるあれやこれや、ごちゃ混ぜになった対話の旅。
日々の生活の中で何か変化があると不意に訪れてみたくなる街でもある。

 

なわけで、長くご無沙汰をしていたということは
しばらくは何の変化もなく、漫然と時を過ごしてきたということになるのだろうか(笑)。

 

ま、ともかく久々に観る洛中の街並み。

 

 

さすがに9回目ともなると、未訪問の観光スポットは多くない。
おまけに今回は前回のように歴史の舞台を遊ぶつもりも、神仏に寄り添うつもりも
美術・芸術鑑賞をするつもりもあまりなかった。
最初から真面目に観光するつもりがなかったと言っていい。
それより、街並み、道り、活動する人々、この街を歩き回ったとき
自分は何を感じることができるのだろうか?…そんな心持ちが今回のテーマ。

 

 Sdscf5207
東寺、日付限定(21日)の市に来られるのは超レアケース 満喫しました(笑)

 

 

なので、1泊2日という短い行程ではあったのだが、訪れたスポットといえば
神社2つ(上賀茂・下賀茂)と駅近くの西本願寺、東寺(弘法市)の2寺のみ。

 

 弘法大師の市を堪能し、偶然立ち寄った丸山公園では音楽堂でのイベント
「古都の風に乗せて」で沖縄音楽に合わせてカチャーシーを踊り
(京都に来て沖縄イベントかよ、という突込みはとりあえず置いておいて…)

 

路上ミュージシャンに足を止め、街中に貼られているポスター一枚一枚に都の今を感じる。

 

 

 

 

そして今回のハイライト…。

 

ここまでいろいろ理屈を捏ねてはみたが、
結局のところ僕は今回はこれを楽しみにしに来たようである。

Sdscf5176
ん?鴨川デルタ(出町柳)からの東山大文字、缶のデザインと一緒~。偶然の発見。

 

 

Sdscf5216
四条河原町には何故か恵比寿がよく似合う

 

街のど真ん中を流れる鴨川の川沿いに座り込んで缶ビールを呑む。
春の日差しに包まれ、風に吹かれつつ、
悠久の都・しかもド真ん中でのんびりとビールを呑む。

 

実はこのビールのことを、いつの頃からか我が家ではこう呼んでいる

 

   「天下泰平」てんかたいへい   

 

言葉の意味を調べると、
1 世の中が平和でよく治まっていること
2 なんの心配事もなくのんきにしていること。また、そのさま
とある。

 

「なんの心配事もなくのんきにしていること」

 

もちろん地元神奈川の浜辺でも、のんきにビールを呑むことは可能である。
それはそれで幸せなひと時ではあるのだが、
此処は京都・鴨川の川辺、そう、遥か400㎞離れた千年の都のこの地であっても

 

     ”なんの心配事もなく、のんき”

 

なことが重要なのだ。

 

元ネタは此処を舞台にした小説「有頂天家族」(森見登美彦)。
それ風に見ればこの川沿いに座っている若者たちの一部は、人ではなく
「たぬき」だったりするのだろうか。
年甲斐もなく聖地巡礼チックに叡山電車に乗った。もちろん叡山電車は飛ばない。
駅には既に次のコラボ作品のPRポスター。
一時のブームも去って、人間に化けた洛中の狸たちもきっと気楽に過ごしていることだろう。

 

 きっと彼らにとっても今が「天下泰平」に違いない。

 

出町柳の鴨川デルタ
大学サークルの新入生歓迎会あたりだろうか
学生らしき若者たちがはしゃいでいる。

 

 

「ん~天下泰平」。

 

 

都、千年の時流に比べれば、12年ぶりなんてほんの瞬きの間。
まさに「下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり」である。
インバウンド(外国人観光客)のお客様が増えたなんてことは、所詮はちょっとしたブーム。
第一、中国も欧州も、江戸も坂東も、洛中から見れば、碁盤の目外はみんな外国。
みんな一緒(笑)、っていう京都視感はホントなのか?。←なわきゃーない。

 

 

はてさて、今度はいつこの街を訪れることになるのだろう。
その時はどんな心持でこの地に立つことになるのだろう
そんな先の話ではないような気もするのだが、

 

 

それまでの間、まぁせいぜい、夢・幻の如き日常を楽しむことといたしましょう。

 

幸せのお裾分けをいただきました。

春 盛りの一日

港・横浜
酔夢メンバー 浜ちゃんの披露宴

とても穏やかなほんわかした暖かい宴でした。

そんな中、われ等酔夢楽団の演奏。

S20190414_190420_0020_1
へたっぴなりに心を込めて演奏させていただきました

 

出席いただいていた方々の中には 浜ちゃん=ギター=民俗音楽
という図式はなかった方もいらしたようで、サプライズな余興となった模様(^-^;

 

 

    末永くお幸せに

       僕らともまだまだ遊んでくださいね~

 

 

 

«ENCUENTROS・エンクエントロス

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30